白石 紘一 (しらいし こういち)

氏名

白石 紘一 (しらいし こういち)

所属

第二東京弁護士会(新65期)

生年

1986年生

学歴

東京大学法学部卒業
東京大学法科大学院修了

経歴
2012年 弁護士登録・当事務所入所
2016年 経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室にて任期付職員として勤務(経済産業事務官)
2018年 当事務所復帰
2018年 経済産業省大臣官房 臨時政策アドバイザー着任(〜2019年)
2018年 ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 研究員(現職)
2018年 Digital HR Competition 実行委員(現職)
活動内容
論文・著作

<単行本>

2016年 『新版 会社法実務スケジュール』(新日本法規/共著)
2017年 『最新 会社法務モデル文例・書式集』(新日本法規/共著)
2017年 『就業規則の見直しと運用の実務』(日本法令/共著)
2018年 『HRテクノロジーで人事が変わる AI時代における人事のデータ分析・活用と法的リスク』(労務行政/共著)
2019年 『「役員報酬・賞与・退職金」中小企業の支給相場』(「企業に求められる同一労働同一賃金とは」寄稿)(日本実業出版社)
2019年 『トップ企業の人材育成力 ―ヒトは「育てる」のか「育つ」のか』(さくら舎/共著)
  ほか

<雑誌等>

2018年 『策定側から見る「働き方改革実行計画」とその後(前〜後編)』(NIBEN Frontier)
2018年 『従来の日本型雇用は次のステップへ 副業・兼業解禁の必要性と制度設計3つの視点』(ビジネス法務)
2019年 『働き方改革の鍵を握る「イケてる人事」とは』(NewsPicks 「2019大予測」特集)
2019年 『「働き方改革」への向き合い方と進むべき未来』(ネットワークインフォメーション中企団)
2019年 『副業の税務/副業支援の大前提を理解する会社側の法務対応』(税務弘報)
2019年 『働き方の"ルール・チェンジ"を超えた先へ』(日本の人事部LEADERS vol.7「HR領域の"傾向と対策"」特集)
2019年 『税理士事務所の働き方改革/HRテクノロジー最前線』(税務弘報)
2019年 『"社内"兼業〜雇用と業務委託の法的論点』(ビジネスガイド)
2019年 『賞与・退職金等格差是正 最新判決 〜大阪医科薬科大学事件・メトロコマース事件 高裁判決』(ビジネスガイド)
  ほか
講演・セミナー活動
2018年 『策定側から見る「働き方改革実行計画」とその後』(第二東京弁護士会)
2018年 『行政から見る兼業・副業、企業と働き手の関係性』(at will work
2018年 『「働き方」がどう変わるか』(JILA
2018年 『「働き方改革」へ向けた政府の取り組みとこれから』(新日本法規財団)
2018年 『働き方改革関連法と「働き方改革第2章」』(東京リーガルマインド)
2018年 『HRテクノロジーがもたらす生産性向上と新たなリスク』(労務行政研究所)
2018年 SmartHR Next『働き方改革を成功に導く人事部の役割』パネラー(SmartHR)
2018年 PR3.0 Conference『働き方選択の時代に企業に求められる姿勢』パネラー(PR Table)
2018年 『就業規則見直し・運用実務研究会 基礎編』講師(日本法令)
2018年 アセスメントフォーラム東京2018『スペシャリストと語るアセスメント導入その後』パネラー(プロファイルズ)
2018年 『働き方改革関連法等と「働き方改革第2章」』(日本オラクル)
2019年 『働き方改革に向けて企業がなすべきこと〜“日本型”人材マネジメントのこれからの方向性〜』(第二東京弁護士会)
2019年 『「働き方改革」の全体像とその先にある「企業を成長に導く考え方」』(中小企業福祉事業団)
2019年 『働き方改革関連法等の概要と企業が強くなるための“働き方改革”』(企業勉強会講師)
2019年 『就業規則見直し・運用実務研究会 応用編』講師(日本法令)
2019年 『HRTechと個人情報保護の今後』(外部勉強会講師)
2019年 『“働き方改革”とこれからのマネジメント』(企業勉強会講師)
  ほか
主な取扱業務分野
  • 人事・労働関係
  • 一般企業法務
  • 訴訟・紛争処理
  • M&A・企業再編
  • グレーゾーン解消制度対応 ほか